顧客志向経営研究所

スポンサーリンク
経営・営業

ブルーオーシャン戦略とレッドオーシャン 改革と改善の違い

ブルーオーシャン戦略 ブルー・オーシャン戦略は、2005年2月に発刊、5大陸でベストセラーとなり、44カ国語に翻訳さた「ブルー・オーシャン戦略」が由来の戦略コンセプトです。 「ブルー・オーシャン戦略」の著作者は、フランスのビジ...
人事・キャリア

1on1ミーティング アジェンダ事例・目的(上司部下の相互成長)

1on1ミーティングは事前にアジェンダを用意して、効果的に上司と部下が定期的に1対1で対話を行います。1on1ミーティングの目的は、部下のマネジメントと上司・部下の相互成長です。1on1ミーティングで活用できるアジェンダの事例を紹介します。
人事・キャリア

リモートワーク(テレワーク)とは ウィズコロナ時代の経営戦略

リモートワークとは、在宅勤務の形態です。ウィズコロナの時代に急速にリモートワークが広がりました。通勤時間が短縮され、仕事の進め方や取り組み意識の改革が必要です。リモートワーク時代における経営戦略の在り方と、マネジメント方法について考察します。 
経営・営業

アサーティブコミュニケーションとは(事例と人に対する深い理解)

アサーティブコミュニケーションとは、相手を尊重しながら、自分を受け入れ主張することです。根底にあるのは人間(自己、他者)に対する深くて本質的な理解です。本投稿では、アサーティブコミュニケーションの事例と活用方法、アサーティブトレーニングついて記載します。
人事・キャリア

エモーショナル・インテリジェンス経営 EQによるビジネスの優位性

エモーショナル・インテリジェンス経営とは、Emotional Intelligence( 感情知能 EI)を活用することで、仕事に対する姿勢、モチベーション、向上心、創造性、リーダーシップを活発化させるマネジメントの仕組みです。ビジネス優位性を確立した事例を記載します。
人事・キャリア

AI経営(人工知能を活用した経営革新と次世代のあるべき人材像)

AI経営とは、ビジネススキームにおいて、AI(人工知能)を有効利用して競争優位を確立する経営理論です。AIが、ビジネスプロセスにおいてどのように活用されているのか、そして将来どのような範囲において活用されるかを通じて、これからの人のあるべき姿について見ていきます。
経営・営業

DX経営(デジタルトランスフォーメーションの課題・改革・進化)

DX経営とは、ITによって、生活のあらゆる面で良い方向に変化させるデジタルフトランスフォーメーションを経営に活用する概念です。ITの活用で事業自体を根底から改革し、従来型の発想の延長ではありません。DX経営について、現状の課題、変革、進化について記載します
経営・営業

SDGs経営:未来へつなぐ持続可能な国際社会・会社・人材を目指して

地球規模で行われるSDGs(持続可能な開発目標)には、年間の投資機会は途上国で1~2兆ドル、先進国でも最低1.2兆ドルとも試算されています。会社にとって、人材にとって今後対応するSDGs経営は、未来を切り開くうえで重要な基本的な方向になります。
経営・営業

ナレッジマネジメントとは(知識の進化で、競争優位の会社へ)

ナレッジマネジメントとは、会社・組織を構成する個人のノウハウや経験を共有化し、より高次な組織の知識とすることで、創造的な仕事を生み出す経営管理手法です。ナレッジマネジメントによる期待効果には、事業承継などの後継者問題、ベテラン社員の技の伝承の解決があります。
人事・キャリア

社員満足度とエンゲージメント(忠誠心)の関係 組織力強化とは

組織力を強化するためには社員満足度を向上させ、エンゲージメント(忠誠心)を高めることが大事です。組織力には3つのポイントがあります。一つ目は、人には得意分野とそうでない部分があります。欠点を補いあって、得意分野をお互いに活用すれば人数以上の組織力が発揮できます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました